ステップで考える横浜の不妊治療クリニックガイド » 男性不妊検査・治療に対応している横浜の不妊治療クリニック

男性不妊検査・治療に対応している
横浜の不妊治療クリニック

男性不妊の検査・治療が
充実している横浜のクリニックを選ぶべき

不妊というと女性側に問題があると思われがちですが、原因が男性側にあるケースは全体の24%。男女両方に問題があるケースは48%にものぼるため、男性側も不妊症である可能性は高くなっています。

男性不妊の検査・治療法が充実しているクリニックを選ぶことは、それだけ不妊の原因を特定しやすく、妊娠の可能性を広げることに繋がります。

日本生殖医学会認定生殖医療専門医が在籍している横浜のクリニック(※2019年1月時点で学会の名簿に掲載されている常勤医師のみカウント)を3院ピックアップしました。この情報が不妊に悩んでいるご夫婦の参考になれば幸いです。

男性不妊治療によって考えられるリスク

男性不妊治療「TESE」におけるリスクとして、創部痛、発熱、精巣上体炎、陰嚢内血腫などの合併症が考えられます。予想外の合併症が起きる可能性がゼロとは言えないため、専門クリニックにしっかりと相談をしましょう。不妊治療専門の医療機関で処方されるサプリメント(漢方薬やビタミン剤、ホルモン剤など)を用いた薬物療法の副作用やリスクについては、医師にご確認ください。(2019年2月現在)

専門医(※)が在籍する横浜の不妊治療クリニック

田園都市レディースクリニック…10項目対応

男性不妊検査
血液検査 超音波検査 精液検査
ORP測定 DFI検査 染色体検査
男性不妊治療
薬物療法 ED治療 TESE
- 精子凍結 -

日本にわずか50人弱しかいない「泌尿器科領域生殖医療専門医」が3名在籍

日本生殖医学会認定の「泌尿器科領域生殖医療専門医」は、日本国内に50名弱しかいない男性不妊の専門家です。その泌尿器科領域生殖医療専門医が、田園都市レディースクリニックには非常勤ではありますが3名も在籍。男性不妊に特化した検査・治療も豊富に揃っており、あらゆる男性不妊に対応できるクリニックと言えます。

田園都市レディースクリニックの基本情報

生殖医療
専門医※
5名:河村 寿宏・清水 康史・依光 毅・佐々木 博・竹村 由里
診療時間 平日9:00~12:30/14:30~18:00
土曜9:00~12:30/14:30~17:00
日祝9:00~12:30(※本院のみ体外受精関連の診察を実施)
駐車場の
有無
8台(クリニック地下にあり)
所在地 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-3-10 ラルク青葉台5F
アクセス 田園都市線「青葉台駅」出口1・出口2より徒歩3分
電話番号 045-988-1124

※「日本生殖医学会生殖医療専門医」を指します。

公式HPで詳しい料金体系や
メニューについて確認

電話で問い合わせる

神奈川レディースクリニック…5項目対応

男性不妊検査
血液検査 超音波検査 精液検査
ORP測定 DFI検査 染色体検査
男性不妊治療
薬物療法 ED治療 TESE
- 精子凍結 -

男1人で不妊カウンセリングを受けられる予約制男性不妊専門外来あり

神奈川レディースクリニックには、日本生殖医学会認定の「泌尿器科領域生殖医療専門医」が1名在籍。また、月2回第1・3土曜日に、泌尿器科医師による男性不妊専門外来を設けているのも特徴です。完全予約制のため、男性1人でも相談・通院しやすい環境。検査の結果によっては、提携する泌尿器科への紹介も受けられます。

神奈川レディースクリニックの基本情報

生殖医療
専門医※
1名:升田 博隆
診療時間 平日8:30~12:30/14:00~19:00
土日祝8:30~12:00
※木曜と第1・3・5日曜は体外受精周期のAIHの方のみ予約可能
駐車場の
有無
所在地 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-11-5 ARTVISTA横浜ビル6F
アクセス JR在来線「東神奈川駅」西口出口より徒歩4分
電話番号 045-290-4893

※「日本生殖医学会生殖医療専門医」を指します。

公式HPで詳しい料金体系や
メニューについて確認

電話で問い合わせる

みなとみらい夢クリニック…4項目対応

男性不妊検査
血液検査 超音波検査 精液検査
ORP測定 DFI検査 染色体検査
男性不妊治療
薬物療法 ED治療 TESE
- 精子凍結 -

薬や注射の使用を避けて体にかかる負担を低減

みなとみらい夢クリニックでは、薬剤や注射をできるだけ使わない、心身への負担が少ない治療を提供。採卵においては、痛みの少ないオリジナルの器具を用いた無麻酔での処置を受けることができます。また、キッズルームが完備されているため、家族で通いやすい環境であることも特徴。保育士も常駐しています。

みなとみらい夢クリニックの基本情報

生殖医療
専門医※
1名:香川 愛子
診療時間 月水金8:30~11:30/14:30~18:00
火木祝8:30~13:00
土曜日8:30~11:30/14:30~16:30
日曜日は予約登録にて対応
駐車場の
有無
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-3 MMパークビル2F
アクセス みなとみらい線「みなとみらい駅」1出口・2出口より徒歩2分
電話番号 045-228-3131

※「日本生殖医学会生殖医療専門医」を指します。

公式HPで詳しい料金体系や
メニューについて確認

電話で問い合わせる

横浜で男性不妊検査・治療に対応しているクリニック

医療法人秀晃会馬車道レディスクリニック…7項目対応

男性不妊検査
血液検査 超音波検査 精液検査
ORP測定 DFI検査 染色体検査
男性不妊治療
薬物療法 ED治療 TESE
- 精子凍結 -

閉塞性無精子症の治療に対応

馬車道レディスクリニックは男性不妊の可能性がある場合に精液検査を行い、精子濃度や運動率などを確認。精液検査の結果で無精子症や精子無力症、EDなどが疑われる場合は、精密検査を受けられるように提携施設の泌尿器科を紹介してくれます。また、院長を務める池永秀幸先生は、閉塞性無精子症の治療に対応しているそうです。

医療法人秀晃会馬車道レディスクリニックの基本情報

生殖医療
専門医※
-
診療時間 月水木金9:00~13:00/15:00~19:00
土曜9:00~13:00
日曜9:00~13:30
駐車場の
有無
記載なし
所在地 神奈川県横浜市中区相生町4-65-3 馬車道メディカルスクエア2F (※5Fは一般婦人科)
アクセス 横浜市営地下鉄「関内駅」9番出口徒歩2分
みなとみらい線「馬車道駅」5番出口から徒歩2分
電話番号 045-228-1680

※「日本生殖医学会生殖医療専門医」を指します。

公式HPで詳しい料金体系や
メニューについて確認

電話で問い合わせる

医療法人産婦人科クリニックさくら…6項目対応

男性不妊検査
血液検査 超音波検査 精液検査
ORP測定 DFI検査 染色体検査
男性不妊治療
薬物療法 ED治療 TESE
- 精子凍結 -

精子の特性を細かく分析できる自費検査

医療法人産婦人科クリニックさくらの精液検査では、精子濃度や運動率、正常形態率、総精子数などを細かく分析できる精子特性分析機(SQA-V Gold)が用いられます。この精液検査は自費診療扱いで料金は6,250円。保険診療の精液検査よりも細かな精子の情報を分析できます。そのほか、ホルモン検査や染色体検査にも対応。精巣内精子採取術(TESE)が必要な場合は、手術に対応している別の施設を紹介してくれます。

医療法人産婦人科クリニックさくらの基本情報

生殖医療
専門医※
-
診療時間 月水金10:00~13:00/15:00~18:30
火・木10:00~13:00/15:00~17:30
土曜日10:00~18:30
駐車場の
有無
あり(台数非公開・駐車場の利用時間は9:40から)
所在地 神奈川県横浜市青葉区新石川2-9-3(2017年1月に左記の住所へ移転)
アクセス 東京急行電鉄「たまプラーザ駅」南口出口より徒歩4分
電話番号 045-911-9936

※「日本生殖医学会生殖医療専門医」を指します。

公式HPで詳しい料金体系や
メニューについて確認

電話で問い合わせる

なかむらアートクリニック…6項目対応

男性不妊検査
血液検査 超音波検査 精液検査
ORP測定 DFI検査 染色体検査
男性不妊治療
薬物療法 ED治療 TESE
- 精子凍結 -

精液中の産科ストレスを測るORP検査

なかむらアートクリニックは、精液中酸化還元電位測定検査(以下、ORP検査)に対応しているクリニックです。ORP検査は精液中の酸化ストレスの強さを測る検査。検査結果はその後の治療計画(人工授精と体外受精のいずれが適しているかの判断)に役立ちます。精液採取には体調や気温などの影響がおよぶため、院内採取を推奨しているそうです。

なかむらアートクリニックの基本情報

生殖医療
専門医※
-
診療時間 月・土9:00~12:00/13:15~15:00
火水木9:00~12:00/14:45~18:00
金曜日9:00~12:00
駐車場の
有無
記載なし
所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-14 WISE NEXT 新横浜 9F
アクセス 横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜駅」8出口より徒歩1分
電話番号 045-534-6534

※「日本生殖医学会生殖医療専門医」を指します。

公式HPで詳しい料金体系や
メニューについて確認

電話で問い合わせる

医療法人社団福順会福田ウイメンズクリニック…4項目対応

男性不妊検査
血液検査 超音波検査 精液検査
ORP測定 DFI検査 染色体検査
男性不妊治療
薬物療法 ED治療 TESE
- 精子凍結 -

予約要らずで精液検査を受けられる

福田ウイメンズクリニックは、診療時間内であれば予約要らずで精液検査を受けられるクリニックです。自宅で採取した精液を2~3時間以内に持ち込めば、検査開始からおよそ30分で結果を教えてもらえます。また、クリニック内の精液採取室を利用することも可能です。男性不妊の場合は人工授精、体外受精、顕微授精のいずれかで対応しています。

医療法人社団福順会福田ウイメンズクリニックの基本情報

生殖医療
専門医※
-
診療時間 月火水金9:30~12:30/15:00~18:00
木曜土曜9:30~12:30
日曜・祝日※卵巣刺激のための注射、採卵、胚移植のみ対応
駐車場の
有無
なし
所在地 神奈川県横浜市戸塚区品濃町549-2 三宅ビル7F (※2018年10月5日に左記住所へ移転)
アクセス JR横須賀線「東戸塚駅」東口より徒歩2分
電話番号 045-825-5525

※「日本生殖医学会生殖医療専門医」を指します。

公式HPで詳しい料金体系や
メニューについて確認

電話で問い合わせる

社会福祉法人恩賜財団済生会支部 済生会横浜市東部病院…4項目対応

男性不妊検査
血液検査 超音波検査 精液検査
ORP測定 DFI検査 染色体検査
男性不妊治療
薬物療法 ED治療 TESE
- 精子凍結 -

泌尿器科と産婦人科が連携して不妊治療を実施

横浜市東部病院の泌尿器科では、産科と連携して男性不妊治療を行っています。対応している施術は、PESA(経皮的精巣上体精子吸引術)とTESE(精巣内精子回収法)。主に閉塞性無精子症(精子の通り道が詰まっている状態)に用いられます。ちなみに、精液検査や血液検査などは、泌尿器科ではなく横浜市東部病院内の産婦人科で対応しています。

社会福祉法人恩賜財団済生会支部 済生会横浜市東部病院の基本情報

生殖医療
専門医※
-
診療時間 初診受付(完全予約制):平日8:30~11:00
再診受付:平日8:30~11:00/14:00~15:30
※診療開始は10時から
駐車場の
有無
3時間まで:300円
3~6時間:1時間100円
6時間以降:1時間300円
24時間:2,000円
所在地 神奈川県横浜市鶴見区下末吉3-6-1
アクセス JR在来線「尻手駅」出口より徒歩18分
電話番号 045-576-3000

※「日本生殖医学会生殖医療専門医」を指します。

公式HPで詳しい料金体系や
メニューについて確認

電話で問い合わせる

医療法人社団東條ARTクリニック…3項目対応

男性不妊検査
血液検査 超音波検査 精液検査
ORP測定 DFI検査 染色体検査
男性不妊治療
薬物療法 ED治療 TESE
- 精子凍結 -

不妊治療からその後のサポートまで任せられる

横浜市港区にある完全予約制のクリニックです。一般不妊治療から高度不妊治療まで一貫して受けられます。人工授精を受ける夫婦に向けて精液検査を実施しているほか、体外受精に取り組む夫婦には精子凍結保存を提案。運動率や形の良い精子を採取したときの状態で保存できます。また、東條ARTクリニックは系列で産婦人科もあるため、治療後に妊娠した後も経過をサポートしてくれるでしょう。

医療法人社団東條ARTクリニックの基本情報

生殖医療
専門医※
-
診療時間 平日9:00~12:00/15:00~18:00
土曜9:00~12:00
日曜10:00~12:00
駐車場の
有無
あり(台数不明)
所在地 神奈川県横浜市港南区丸山台2-34-7
アクセス 横浜市営地下鉄「上永谷駅」より徒歩10分
電話番号 045-843-1121

※「日本生殖医学会生殖医療専門医」を指します。

公式HPで詳しい料金体系や
メニューについて確認

電話で問い合わせる

コシ産婦人科…3項目対応

男性不妊検査
血液検査 超音波検査 精液検査
ORP測定 DFI検査 染色体検査
男性不妊治療
薬物療法 ED治療 TESE
- 精子凍結 -

男性不妊外来と連携しているクリニック

一般的な検査をはじめ、体外受精・顕微授精まで対応しているクリニックです。精液検査は院内採取と専用容器を使った自宅採取の両方に対応しています。精子の数が少ない、運動率が低いなどの検査の結果が出た場合は、横浜市立大学附属市民総合医療センター生殖医療センターの男性不妊外来を紹介してくれるそうです。

コシ産婦人科の基本情報

生殖医療
専門医※
-
診療時間 平日8:30~12:30/15:00~18:30(木曜日は休診)
土曜8:00~12:30/15:00~18:30
駐車場の
有無
記載なし
所在地 神奈川県横浜市神奈川区白楽71-8
アクセス 東京急行電鉄「東白楽駅」出口2より徒歩3分
電話番号 045-432-2525

※「日本生殖医学会生殖医療専門医」を指します。

公式HPで詳しい料金体系や
メニューについて確認

電話で問い合わせる

田渕レディスクリニック…2項目対応

男性不妊検査
血液検査 超音波検査 精液検査
ORP測定 DFI検査 染色体検査
男性不妊治療
薬物療法 ED治療 TESE
- 精子凍結 -

男性不妊検査のステップを用意

田渕レディスクリニックは無精子症かどうか調べる精液検査やホルモンに異常がないか調べる血液検査に対応しています。また、閉塞性無精子症(精子の通り道が詰まっている状態)と非閉塞性無精子症(精巣に問題がある状態)のうち、どちらの可能性が高いか調べる検査も実施。検査結果に合わせて、人工授精、体外受精、顕微授精のうち、適している不妊治療を提案してくれます。

田渕レディスクリニックの基本情報

生殖医療
専門医※
-
診療時間 月火水金10:00~13:00/15:00~19:00
土曜9:00~12:00/14:00~16:00
駐車場の
有無
記載なし
所在地 神奈川県横浜市西区平沼1-2-20 甘糟ビル2F-E
アクセス 横浜市営地下鉄ブルーライン「高島町駅」1出口・2出口より徒歩6分
電話番号 045-314-3300

※「日本生殖医学会生殖医療専門医」を指します。

公式HPで詳しい料金体系や
メニューについて確認

電話で問い合わせる

菊名西口医院…2項目対応

男性不妊検査
血液波検査 超音波検査 精液検査
ORP測定 DFI検査 染色体検査
男性不妊治療
薬物療法 ED治療 TESE
- 精子凍結 -

男性不妊には漢方で対応

菊名西口医院は男性不妊患者に向けて、精液検査と漢方を使った薬物療法を行っています。男性不妊の手術は行っていませんが、精液検査の結果手術が必要だと判断した場合は男性不妊専門の泌尿器科を紹介してくれるそうです。不妊治療は人工授精・体外受精・顕微授精に対応。精子凍結は行っていませんが、受精卵凍結保存に対応しています。

菊名西口医院の基本情報

生殖医療
専門医※
-
診療時間 月火水金9:30~12:30/15:30~19:00
木曜土曜9:30~12:30
駐車場の
有無
医院下に軽自動車1台、普通車3台の駐車場あり
所在地 神奈川県横浜市港北区篠原北1-3-33
アクセス JR在来線「菊名駅」出口より徒歩1分
東京急行電鉄「菊名駅」西口出口より徒歩1分
電話番号 045-401-6444

※「日本生殖医学会生殖医療専門医」を指します。

公式HPで詳しい料金体系や
メニューについて確認

電話で問い合わせる

アモルクリニック…2項目対応

男性不妊検査
血液検査 超音波検査 精液検査
ORP測定 DFI検査 染色体検査
男性不妊治療
薬物療法 ED治療 TESE
- 精子凍結 -

夫婦一緒に受けられる不妊ドックを用意

新横浜のアモルクリニックは夫婦一緒に受けられる不妊ドックを設けています。不妊ドックの内容は、男性ホルモン検査をはじめとする血液検査、精液検査や性病検査、超音波検査や子宮がん検診など。不妊治療を始める前に受けておきたい検査をまとめて受けられるので、旦那さんに「一緒に受けてみない?」と相談しやすいでしょう。

アモルクリニックの基本情報

生殖医療
専門医※
-
診療時間 月木9:00~12:00/15:00~18:00
火金9:00~12:00/15:00~18:30
水土9:00~12:00
駐車場の
有無
公式サイトに記載なし
所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜3-20-3 リバサイドビル7F
アクセス 横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜駅」8出口より徒歩3分
電話番号 045-475-1000

※「日本生殖医学会生殖医療専門医」を指します。

公式HPで詳しい料金体系や
メニューについて確認

電話で問い合わせる

男性不妊について知りましょう

男性不妊について、あなたはどれだけ知っていますか?

日々の生活習慣から検査のことまで、不妊治療に取り組む前に知っておきたい男性不妊の基礎知識をまとめました。改善できることから、一つずつ取り組んでいきましょう。

「男性不妊の検査ってどんなことをするんだろう?」と不安に思っている方も多いのではないでしょうか?ここでは、男性不妊の検査である精液検査・感染症検査・ホルモン検査・抗精子抗体検査・染色体検査についてご紹介。それぞれの検査の目的や、具体的な検査方法についてまとめています。

更に読む

女性だけでなく、男性も高齢になればなるほど不妊になる確率は高まっていきます。男性不妊が増える年齢は35歳と言われており、35歳を超えると精子の数や運動率が低下したり、DNAの損傷が増えるなどのトラブルが起こりやすくなるのです。なぜこのような問題が起こるのか、その理由について詳しく解説しています。

更に読む

男性不妊の検査や治療は、基本的に自費診療。保険は適用されないため、いくらくらいお金がかかるのか…といった部分は不安要素の1つでしょう。ここでは、精液検査をはじめとする男性不妊の検査料、ED治療・体外受精・人工授精・顕微授精といった治療費など、男性不妊の治療に必要な費用の目安をご紹介しています。

更に読む

横浜市では、一定の条件を満たした方の男性不妊治療に助成金を支給しています。ここでは、助成金の対象となる検査と治療の種類、助成金の上限、治療を受けられる医療機関、申請に必要な条件・書類などの情報をまとめています。2019年度より男性不妊治療の助成金は拡充が決定していますので、必ずチェックするようにしてください。

更に読む

タバコを吸う男性は、吸わない男性に比べると不妊症になる率が高いと言われています。自分自身の精子の質(精子の数や運動性など)が低下するのはもちろん、受動喫煙によってパートナーである女性にまで悪影響を及ぼすことがあるのです。ここではタバコと男性不妊の関係性について詳しくまとめていますので、ぜひ目を通しておいてください。

更に読む

ストレスは心身にあらゆる影響を与えるものですが、男性不妊にも関わる要素です。ストレスによって体調やホルモンバランスが乱れると精子にまで影響が及び、不妊につながるおそれがあるのです。ここでは、ストレスを抱えている男性が受けるべき検査についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

更に読む

食べるものを変えただけで男性不妊が治癒するワケではありませんが、精子の質を向上させられる可能性はおおいにあります。ここでは、精子に好影響を与える亜鉛・セレン・ビタミン類を多く含む食材を使った簡単レシピをご紹介。おいしく食べて、健康的な精子をキープするよう心がけましょう。

更に読む

男性ホルモンの生成や生殖機能に深くかかわっている微量ミネラル「亜鉛」。亜鉛が不足すると精子の質が低下するなどで、男性不妊になる可能性があります。ここでは亜鉛不足の主な原因である「偏った食生活」「極端なダイエット」「スポーツ貧血」について解説。重度の亜鉛不足になると食事では改善できなくなるため、早めに生活を見直しましょう。

更に読む

少量のアルコールを適度に楽しむくらいは良いですが、大量のアルコールを摂取し続けると男性機能が低下。ED、いわゆるインポテンツになる可能性が高くなると言われています。ここでは、アルコールと男性不妊の関係性や裏付けとなる研究データ、不妊治療中のアルコールとの付き合い方などをまとめています。

更に読む

男性不妊の認知度は高まっていますが、まだ検査や治療に抵抗感を抱く男性は少なくありません。しかし、不妊治療は夫婦そろって受けるべきものです。ここでは、不妊の検査や治療を嫌がる男性を説得する情報源や、実際に男性不妊を受けた夫婦の口コミなどをご紹介しています。ぜひ、参考にしてください。

更に読む
不妊治療を行うことによって考えられるリスク

不妊治療の方法によっては、多胎を発生させてしまう可能性が高くなると言われています。

  • 多胎による母体側のリスク:妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病をはじめとする合併症の発症
  • 多胎による胎児側のリスク:流早産、発育遅延や低出生体重児(2,500g未満)の出生、先天異常、新生児の死亡率の上昇、障害発症の可能性

多胎妊娠にともなう母子のリスクを回避するために、日本産科婦人科学会と日本生殖医学会は、学会員にむけて体外受精における移植胚数を原則1個にするように指示を出しました。これにより、体外受精における多胎妊娠の頻度は減少しています。

高度生殖医療におけるリスク

体外受精・顕微授精といった、体外で行う不妊治療をまとめて高度生殖医療と呼びますが、体外受精には卵巣過剰刺激症候群(OHSS)、麻酔の合併症、採卵時の卵巣周辺臓器(血管・腸管・膀胱など)損傷といったリスクの可能性があります。また、顕微授精においては低出生体重児の傾向があり、心臓や呼吸器に障害を持つリスク、自閉症や注意欠陥多動性障害のリスクが高いとする報告があがっています。その他、精子凍結に関しては、凍結させた精子を融解する際に精子の運動率が50~80%ほどダウンすることが分かっています。ただし、融解後は再度精子の精製を行い、活発な精子のみを集めて治療に用いています。今のところ、凍結保存をした精子を使って生まれた子どもに先天奇形や発育不良が多くなるといった報告はありません。

男性不妊治療におけるリスク

男性不妊治療「TESE」におけるリスクとして、創部痛、発熱、精巣上体炎、陰嚢内血腫などの合併症が考えられます。予想外の合併症が起きる可能性がゼロとは言えないため、専門クリニックにしっかりと相談をしましょう。不妊治療専門の医療機関で処方されるサプリメント(漢方薬やビタミン剤、ホルモン剤など)を用いた薬物療法の副作用やリスクについては、医師にご確認ください。(2019年2月現在)