横浜市大病院市民総合医療センター

横浜市立大学付属市民総合医療センター内にある「生殖医療センター」にて受けられる不妊治療について調査しました。2012年4月に新設された生殖医療センターは、婦人科泌尿器科・腎移植科と提携して不妊治療を実施。男性不妊治療にも対応しており、夫婦一緒に不妊治療に対して前向きに取り組める環境が整っています。不妊の原因に合わせて、男性・女性それぞれに合った治療方法を提案してくれるクリニックです。

横浜市立大学付属市民総合医療センターの
検査項目と治療メニュー

不妊治療の検査項目

検査項目   :要問合せ

※検査項目の多さはクリニックの優劣を表すものではありません。

女性不妊検査
基礎体温測定 血液検査 超音波・
エコー検査
子宮卵管造影 頸管粘液検査・フーナーテスト 抗精子抗体
ERA検査 子宮鏡検査 染色体検査

※公式サイトを確認したところ、女性の不妊検査(スクリーニング検査)を実施しているという記載はありましたが、詳しい検査内容は公開されていませんでした。

男性不妊検査
血液検査 超音波検査 精液検査
ORP測定 DFI検査 染色体検査

不妊治療のメニューが豊富な
横浜のクリニックを
集めました

対応している不妊治療のメニュー

一般不妊治療 高度生殖医療 男性不妊
タイミング指導
人工授精
体外受精
顕微授精
薬物療法
TESE

横浜市立大学付属市民総合医療センターの一般不妊治療について

初めに不妊検査(スクリーニング検査)を行い、考えられる不妊の原因を洗い出した上で治療を実施。最初から人工授精に踏み込むのではなく、体の状態を見ながらタイミング法から人工授精へと徐々にステップアップします。

横浜市立大学付属市民総合医療センターの高度生殖医療について

顕微授精はもちろん、体外受精・胚移植・肺胞移植などに対応しています。ちなみに、平成29年度の採卵数は196件、顕微授精は90件。採卵する際は基本的に排卵誘発剤を使用していますが、症例によっては採卵誘発剤をほとんど使用しない方法を受けられるそうです。

横浜市立大学付属市民総合医療センターの男性不妊治療について

生殖医療センターには、全国に50名ほどしかいない「泌尿器科専攻の日本生殖医学会生殖医療専門医」が3名在籍しています。勃起射精障害や突発性男性不妊症には薬物療法、精索静脈瘤には腹腔鏡で手術、無精子症にはTESE(精巣内精子回収術)を行っているそうです。

不妊治療を行うことによって考えられるリスク

不妊治療の方法によっては、多胎を発生させてしまう可能性が高くなると言われています。

  • 多胎による母体側のリスク:妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病をはじめとする合併症の発症
  • 多胎による胎児側のリスク:流早産、発育遅延や低出生体重児(2,500g未満)の出生、先天異常、新生児の死亡率の上昇、障害発症の可能性

多胎妊娠にともなう母子のリスクを回避するために、日本産科婦人科学会と日本生殖医学会は、学会員にむけて体外受精における移植胚数を原則1個にするように指示を出しました。このことにより、体外受精における多胎妊娠の頻度は減少しています。

高度生殖医療におけるリスク

体外受精・顕微授精といった、体外で行う不妊治療をまとめて高度生殖医療と呼びますが、体外受精には卵巣過剰刺激症候群(OHSS)、麻酔の合併症、採卵時の卵巣周辺臓器(血管・腸管・膀胱など)損傷といったリスクの可能性があります。また、顕微授精においては低出生体重児の傾向があり、心臓や呼吸器に障害を持つリスク、自閉症や注意欠陥多動性障害のリスクが高いとする報告があがっています。その他、精子凍結に関しては、凍結させた精子を融解する際に精子の運動率が50~80%ほどダウンすることが分かっています。ただし、融解後は再度精子の精製を行い、活発な精子のみを集めて治療に用いています。今のところ、凍結保存をした精子を使って生まれた子どもに先天奇形や発育不良が多くなるといった報告はありません。

男性不妊治療におけるリスク

男性不妊治療「TESE」におけるリスクとして、創部痛、発熱、精巣上体炎、陰嚢内血腫などの合併症が考えられます。予想外の合併症が起きる可能性がゼロとは言えないため、専門クリニックにしっかりと相談をしましょう。不妊治療専門の医療機関で処方されるサプリメント(漢方薬やビタミン剤、ホルモン剤など)を用いた薬物療法の副作用やリスクについては、医師にご確認ください。(2019年2月現在)

横浜市立大学付属市民総合医療センターの専門医の在籍について

日本生殖医学会認定生殖医療専門医

村瀬 真理子

1993年に横浜市立大学医学部出身の女性医師。2012年より横浜市立大学附属市民総合医療センターの生殖医療センターに勤務しています。得意な領域は、不妊症・生殖補助医療・がん・生殖の4項目。日本産婦人科学会専門医・指導医の資格も取得しています。

参照元:一般社団法人日本生殖医学会(http://www.jsrm.or.jp/qualification/specialist_list.html

男性不妊の専門医

湯村 寧(日本生殖医学会生殖医療専門医 泌尿器科専攻)

横浜市立大学附属市民総合医療センターにて、生殖医療センターの部長を務めているほか、田園都市レディースクリニックの非常勤医師としても活躍されています。得意な領域は男性不妊・ED・陰茎癌・がん・生殖の5項目です。

竹島 徹平(日本生殖医学会生殖医療専門医 泌尿器科専攻)

2007年より横浜市立大学附属市民総合医療センター泌尿器・腎移植科に入職された男性医師。男性不妊・性機能障害・がん・生殖などを得意としています。

黒田 晋之介(日本生殖医学会生殖医療専門医 泌尿器科専攻)

男性不妊・がん・生殖・染色体・遺伝子異常の5項目に対応している男性医師。ロボット手術(da Vinci)認定医でもあります。

参照元:一般社団法人日本生殖医学会(http://www.jsrm.or.jp/qualification/specialist_list.html

横浜市立大学付属市民総合医療センターの通いやすさに関する情報

横浜市営地下鉄ブルーライン「阪東橋駅」4番出口より徒歩6分の場所にあります。市営バスなら199系統、旭4系統、戸45系統のいずれかに乗車して「市大センター病院前」で下車しましょう。

400台収容の大型駐車場もあるため、車での通院も可能です。駐車料金は30分まで無料、3時間までは300円、以降1時間ごとに100円が加算されるシステムとなっています。

高速道路のインターチェンジも近いため、公共交通機関・マイカーどちらでもアクセスしやすく、通いやすいクリニックです。

横浜市立大学付属市民総合医療センターの口コミ評判

看護師さんたちの手際が良い

私はホルモンバランスが悪く、また40代という年齢もあり、子どもに恵まれませんでした。市民総合医療センターはもともと子宮筋腫の手術を受けるために紹介された病院です。ダメもとで先生に不妊治療を希望していると伝えたところ、生殖医療科へ案内してもらえました。

看護師さんや会計のスタッフさんたちは手際が良くて素敵です。初診の待ち時間は長かったものの、生殖医療センターに案内されて以降は予約から1時間以上待たされたことはありません。(46歳・女性)

夫婦でお世話になりました

不妊治療を受けるため、夫婦で一緒に行きました。大きな付属病院だからでしょうか、先生たちはみなベテランドクターという感じで、話していて安心感がありました。待ち時間も基本的に1時間未満と短めです。ただ、血液検査の結果が出るのは遅くて、だいぶ待ちましたね。(30代・女性)

平日だけ行くなら通える

高度生殖医療を受けるために通いました。男性不妊は完全主治医制ですが、女性は日によって先生が違います。スタッフさんは感じの良い方が多かったです。

ただ、病院に対する不満や不安はなかったものの、通院に限界を感じてしまいました。土日は終日お休みなので、移植日がほかの患者さんとかぶる可能性があります。かぶってしまった場合は翌月以降の対応。私は40代で、かつ仕事をしながらの通院だったので、気持ち的にどうしても焦ってしまいました。ここ以外の不妊治療院に行ったことがないので、良いか悪いかで言うと何とも言えないところです。(40代・女性)

横浜市立大学付属市民総合医療センターの基本情報

診療時間 【男性不妊外来】完全予約制・紹介外来制(月~金)
【女性不妊】初診予約受付:8:30~10:30(月~金)
再診予約受付:8:00~11:30、13:00~14:30(月~金)
駐車場の有無 あり(400台収容)
【利用時間】
月~土:8:00~20:30、日・祝:13:00~20:30
所在地 神奈川県横浜市南区浦舟町4-57
アクセス 横浜市営地下鉄ブルーライン「阪東橋駅」4より徒歩6分
電話番号 045-261-5656
不妊治療を行うことによって考えられるリスク

不妊治療の方法によっては、多胎を発生させてしまう可能性が高くなると言われています。

  • 多胎による母体側のリスク:妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病をはじめとする合併症の発症
  • 多胎による胎児側のリスク:流早産、発育遅延や低出生体重児(2,500g未満)の出生、先天異常、新生児の死亡率の上昇、障害発症の可能性

多胎妊娠にともなう母子のリスクを回避するために、日本産科婦人科学会と日本生殖医学会は、学会員にむけて体外受精における移植胚数を原則1個にするように指示を出しました。これにより、体外受精における多胎妊娠の頻度は減少しています。

高度生殖医療におけるリスク

体外受精・顕微授精といった、体外で行う不妊治療をまとめて高度生殖医療と呼びますが、体外受精には卵巣過剰刺激症候群(OHSS)、麻酔の合併症、採卵時の卵巣周辺臓器(血管・腸管・膀胱など)損傷といったリスクの可能性があります。また、顕微授精においては低出生体重児の傾向があり、心臓や呼吸器に障害を持つリスク、自閉症や注意欠陥多動性障害のリスクが高いとする報告があがっています。その他、精子凍結に関しては、凍結させた精子を融解する際に精子の運動率が50~80%ほどダウンすることが分かっています。ただし、融解後は再度精子の精製を行い、活発な精子のみを集めて治療に用いています。今のところ、凍結保存をした精子を使って生まれた子どもに先天奇形や発育不良が多くなるといった報告はありません。

男性不妊治療におけるリスク

男性不妊治療「TESE」におけるリスクとして、創部痛、発熱、精巣上体炎、陰嚢内血腫などの合併症が考えられます。予想外の合併症が起きる可能性がゼロとは言えないため、専門クリニックにしっかりと相談をしましょう。不妊治療専門の医療機関で処方されるサプリメント(漢方薬やビタミン剤、ホルモン剤など)を用いた薬物療法の副作用やリスクについては、医師にご確認ください。(2019年2月現在)