産婦人科クリニックさくら

産婦人科クリニックさくらは、妊婦健診や婦人科など幅広い診療を行っている、たまプラーザにある産婦人科。不妊治療にも積極的に取り組んでおり、タイミング指導、薬物療法、人工授精、高度生殖医療に対応しています。

不妊治療科とは別に「さくら相談室」を設けて、妊娠のための生活習慣指導も行っています。診療時間は他院よりやや短めですが、土曜診察もあり、男性の不妊治療も可能です。

産婦人科クリニックさくらの検査項目と治療メニュー

不妊治療の検査項目

検査項目   :8検査対応

検査項目の多さ:同率7位/15位※

※当サイト掲載クリニック15院中

※検査項目の多さはクリニックの優劣を表すものではありません。

女性不妊検査
基礎体温測定 血液検査 超音波・
エコー検査
子宮卵管造影 頸管粘液検査・フーナーテスト 抗精子抗体
ERA検査 子宮鏡検査 染色体検査
男性不妊検査
血液検査 超音波検査 精液検査
ORP測定 DFI検査 染色体検査

ポイント1:たまプラーザ駅から徒歩2分にあるクリニック

産婦人科クリニックさくらは、たまプラーザ駅から徒歩2分の場所にあるクリニックです。アクセスのしやすさは、不妊治療においてとても重要。通いやすさが、不妊検査や治療の受けやすさに繋がります。

不妊治療のメニューが豊富な
横浜のクリニックを
集めました

対応している不妊治療のメニュー

一般不妊治療 高度生殖医療 男性不妊
タイミング指導
人工授精
体外受精
顕微授精
薬物療法

ポイント2:生活習慣も一緒にみつめるクリニックの体制

産婦人科クリニックさくらの桜井明弘院長は、「あなたが33歳を過ぎて妊娠できない44の理由(幻冬舎)」という生活習慣の改善を提唱した書籍を出版しており、それだけ生活周期案と不妊の関係が深いことを伝えています。

産婦人科クリニックさくらの
一般不妊治療について

初回は、基礎体温、超音波、子宮卵管造影などの最低限の検査を実施。排卵しにくかったり合併症があったりする際は、内服薬、漢方薬、注射、サプリメントなどのさまざまな治療を組み合わせたケアを行います。

一般不妊治療では、これらの治療と並行して、タイミング指導や人工授精を実施。不妊治療科とは別にある「さくら相談室」では、症状が軽度の方に向けて、生活習慣の指導も行っています。

産婦人科クリニックさくらの
高度生殖医療について

高度生殖医療は体外受精・顕微授精に対応。治療法の種類やリスクなどについては、事前に個別の説明会を開いて指導しています。

体外受精は、採卵してそのまま受精を行う新鮮胚移植と、凍結してから行う凍結融解胚移植の2種類に対応。

男性が精子無力症などでTESE(精子を採るための手術)が必要な場合は当該施設を紹介しています。

産婦人科クリニックさくらの
男性不妊治療について

産婦人科でも男性が通いやすいよう、男性の希望も取り入れた柔軟な診療を行っています。

精液検査の後は、軽度の症状であれば、漢方薬やビタミン剤を飲みながらタイミング法を試すか、睡眠などの生活習慣を見直した上で再検査をするか、選ぶことが可能。

重度の乏精子症だった場合も、染色体検査・ホルモン検査・泌尿器科の受診・人工授精などの方法から、希望に沿った治療を提案しています。

不妊治療を行うことによって考えられるリスク

不妊治療の方法によっては、多胎を発生させてしまう可能性が高くなると言われています。

  • 多胎による母体側のリスク:妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病をはじめとする合併症の発症
  • 多胎による胎児側のリスク:流早産、発育遅延や低出生体重児(2,500g未満)の出生、先天異常、新生児の死亡率の上昇、障害発症の可能性

多胎妊娠にともなう母子のリスクを回避するために、日本産科婦人科学会と日本生殖医学会は、学会員にむけて体外受精における移植胚数を原則1個にするように指示を出しました。このことにより、体外受精における多胎妊娠の頻度は減少しています。

高度生殖医療におけるリスク

体外受精・顕微授精といった、体外で行う不妊治療をまとめて高度生殖医療と呼びますが、体外受精には卵巣過剰刺激症候群(OHSS)、麻酔の合併症、採卵時の卵巣周辺臓器(血管・腸管・膀胱など)損傷といったリスクの可能性があります。また、顕微授精においては低出生体重児の傾向があり、心臓や呼吸器に障害を持つリスク、自閉症や注意欠陥多動性障害のリスクが高いとする報告があがっています。その他、精子凍結に関しては、凍結させた精子を融解する際に精子の運動率が50~80%ほどダウンすることが分かっています。ただし、融解後は再度精子の精製を行い、活発な精子のみを集めて治療に用いています。今のところ、凍結保存をした精子を使って生まれた子どもに先天奇形や発育不良が多くなるといった報告はありません。

男性不妊治療におけるリスク

男性不妊治療「TESE」におけるリスクとして、創部痛、発熱、精巣上体炎、陰嚢内血腫などの合併症が考えられます。予想外の合併症が起きる可能性がゼロとは言えないため、専門クリニックにしっかりと相談をしましょう。不妊治療専門の医療機関で処方されるサプリメント(漢方薬やビタミン剤、ホルモン剤など)を用いた薬物療法の副作用やリスクについては、医師にご確認ください。(2019年2月現在)

産婦人科クリニックさくらの
専門医の在籍について

日本産科婦人科学会専門医

公式サイトに記載なし

産婦人科クリニックさくらの
基本情報

診療時間 月水金10:00~13:00/15:00~18:30
火・木10:00~13:00/15:00~17:30
土曜日10:00~13:00
駐車場の
有無
あり(台数非公開・駐車場の利用時間は9:40から)
所在地 神奈川県横浜市青葉区新石川2-9-3
アクセス 東京急行電鉄「たまプラーザ駅」南口出口より徒歩4分
電話番号 045-911-9936