二人目不妊について

二人目不妊について、相談・治療に適したクリニック選びのポイントをまとめました。

二人目不妊に悩む女性は不妊治療経験者の6割超

二人目不妊とは、一人目の子どもを無事に授かりながら、なかなか二人目を妊娠できない状態を指します。

2017年5月に日経DUALが行ったアンケートによれば、不妊治療を経験した147名の中で、第二子のときに不妊治療を経験した人は62.6%にのぼることが判明。そのうちの51%が、第二子妊娠で初めて不妊治療をしたと回答しています。

周りに理解されにくい二人目不妊の悩み

医学的に「続発性不妊症」と呼ばれる二人目不妊。一人目の子どもは自然に妊娠できたのに、どうしても二人目が授からない…というケースは少なくありません。

もちろん妊娠できないというのが主な悩みですが、周囲に理解されにくいという点も二人目不妊の問題のひとつ。周囲はすでに子どもがいる人を不妊とは思わないため、「二人目はまだ?」「早く作らないと」などと言われがち。不妊について相談できる人が少なく、孤立しがちなのです。

また、子ども連れだと不妊治療のクリニックにも通いづらく、専門家に相談しにくいというデメリットもあります。

二人目不妊の相談をしやすいクリニックの特徴

半年ほど排卵日を狙って性交渉を行い妊娠しなければ、二人目不妊を考えるタイミング。不妊治療に通うクリニックは、一人目不妊のとき以上に慎重にクリニックを選ぶ必要があります。

キッズルームや保育施設がある

二人目不妊のクリニック選びで、とくに重視したいのが「子どもを連れて行けるかどうか」。クリニックに専用のキッズルームがあったり、相談・治療中に保育士などが子どもを預かってくれるサービスがあると安心です。ただし、こういった施設に関しては利用の条件を設けているクリニックもあるので、事前に確認しておきましょう。

二人目不妊と一人目不妊の受付が分かれている

できれば、二人目不妊と一人目不妊の受付・待合が分かれていたり、フロアが別に設けられているクリニックがベスト。受付や待合室が分かれていればお互いが気を使わずに済みますし、周りを気にせずリラックスして通院することができます。

高度生殖医療に対応している

二人目不妊は、30代以降に発覚するケースが多くなっています。治療の流れは一人目不妊と同様なのですが、タイミング法・人工授精といった方法では対応できないケースも多々あります。早期に体外受精・顕微授精といった高度生殖医療へステップアップする可能性もあるため、専門的に取り扱っているクリニックを最初から選んだほうが良いでしょう。

高度生殖医療に対応している横浜の不妊治療院を見る

不妊治療を行うことによって考えられるリスク

不妊治療の方法によっては、多胎を発生させてしまう可能性が高くなると言われています。

  • 多胎による母体側のリスク:妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病をはじめとする合併症の発症
  • 多胎による胎児側のリスク:流早産、発育遅延や低出生体重児(2,500g未満)の出生、先天異常、新生児の死亡率の上昇、障害発症の可能性

多胎妊娠にともなう母子のリスクを回避するために、日本産科婦人科学会と日本生殖医学会は、学会員にむけて体外受精における移植胚数を原則1個にするように指示を出しました。これにより、体外受精における多胎妊娠の頻度は減少しています。

高度生殖医療におけるリスク

体外受精・顕微授精といった、体外で行う不妊治療をまとめて高度生殖医療と呼びますが、体外受精には卵巣過剰刺激症候群(OHSS)、麻酔の合併症、採卵時の卵巣周辺臓器(血管・腸管・膀胱など)損傷といったリスクの可能性があります。また、顕微授精においては低出生体重児の傾向があり、心臓や呼吸器に障害を持つリスク、自閉症や注意欠陥多動性障害のリスクが高いとする報告があがっています。その他、精子凍結に関しては、凍結させた精子を融解する際に精子の運動率が50~80%ほどダウンすることが分かっています。ただし、融解後は再度精子の精製を行い、活発な精子のみを集めて治療に用いています。今のところ、凍結保存をした精子を使って生まれた子どもに先天奇形や発育不良が多くなるといった報告はありません。

男性不妊治療におけるリスク

男性不妊治療「TESE」におけるリスクとして、創部痛、発熱、精巣上体炎、陰嚢内血腫などの合併症が考えられます。予想外の合併症が起きる可能性がゼロとは言えないため、専門クリニックにしっかりと相談をしましょう。不妊治療専門の医療機関で処方されるサプリメント(漢方薬やビタミン剤、ホルモン剤など)を用いた薬物療法の副作用やリスクについては、医師にご確認ください。(2019年2月現在)